不動産活用

コンテナハウスは本当に安い? 本当の見積とデメリットの話

2020年1月18日

SNSなどで定期的に上がってくる「おしゃれなコンテナハウスが、こんな激安価格で!」的な記事。たとえば「40万円のコンテナハウスで豊かな暮らし」といった書きぶりですが、本当でしょうか? 40万円というのは中古コンテナ1本の価格に過ぎず、これを住居に改造するとなると、相当なコストがかかります。実際にはそれほど安くもないコンテナハウスの、メリットとデメリットの両方を考察してみたいと思います。

コンテナハウスの見積大公開!

ネットで検索しても、実際の価格はなかなかヒットしません。そこで、まずは20ftコンテナ2本を連結した住宅タイプのコンテナハウスについて、見積を公開しつつ、高いのか安いのかを考えてみましょう。某コンテナハウス屋さんから実際にもらった見積に基づき、それ以外の工事(水道や電気の一次側接続工事や基礎工事)も含めたトータルの価格を出してみます。

品名金額
20ftドライコンテナ(2本)560,000円
アルミフラッシュドア(玄関)140,000円
アルミサッシ(3か所)368,000円
鋼材加工取付費880,000円
水回り工事費(キッチン・ユニットバス等)830,000円
内装工事費(ベニヤ・ジップトーン等)430,000円
二次側電気配線工事(LED灯含む)200,000円
塗装費(シャーシブラック・ハイポン等)130,000円
コンテナ配送費110,000円
設置作業費(クレーン、水平調整込)80,000円
基礎工事800,000円
インフラ一次側引込み250,000円
合計5,768,000円
合計(税込)6,344,800円

ざっくり600万円台前半で、下の図面のようなプランが実現できる(可能性がある)という事です。価格は時期により変化しますし、上記の内訳のなかでも基礎工事はかなり安めに見積もっています。建物がぎりぎり乗る程度の最低限のベタ基礎で、外構工事などは含まれていません。ですから、もうちょっと高くなる可能性もあります。

一件安そうに見えますが、坪単価60万円ほどですから、激安というわけではないのです。木造住宅の平均的な坪単価は50万円前後といわれているので、小規模である点を考慮しても、かなりいい勝負という印象です。

それなのに、コンテナハウスがじわじわと流行の兆しを見せているのは、なぜなのでしょうか?

デザインがかっこいい

出典: Jetson Green

写真のようにかっこいいデザインのコンテナハウスであれば、価格面でも納得できる可能性があります。他の工法にない存在感のおがけで、価格面のアドバンテージが特に存在しないと分かっても、コンテナハウスを選択する理由になるからです。

Jetson Greenというサイトに掲載されている、このコンテナハウス(上物)の価格は39000ドル。400万円台半ばくらいですから、ウチで取った見積と同水準です。広さも20ft×2で、まったく同じサイズと思われます。

安い土地にこういう建物をポンと置いて、総工費600万円台からというのは、確かに手軽といえば手軽で、別荘的に利用するならアリかも知れません。

工期が早く、構造も強固

普通の住宅を建てようとしたら、だいたい半年くらいは覚悟しないといけないでしょう(もっと早く建ててくれる工務店もありますが)。コンテナハウスの場合は、メーカーの混み具合にもよりますが、早ければ1カ月くらいで完成します。このあたりのスピード感から、現場用の休憩所や、季節ものの建物(海の家やイベントでの仮設建物)としての需要も増えているようです。

構造としては一般的な住宅よりも堅固な重量鉄骨造ですから、地震にも強いといわれており、とにかく錆びなければOKです。

他の工法よりもメンテナンスをマメに行う必要がありますが、要は錆びなければOK。塗装さえしっかり確認しておけば、コンテナハウスは長持ちします。しかも、平家のコンテナハウスであれば、自分で塗装できてしまうため、コストもかかりません。

コンテナハウスのデメリットとは?

知り合いの建築士さんで、数年前からコツコツとコンテナハウスを研究している人がいます。まず最初に20ftコンテナを事務所風に改造して、それを空き地に設置するところから始めたそうです。

その結果、コンテナハウスをノーメンテナンスで放置すると、3年くらいで屋根の錆が深刻化し、場合によっては雨漏りにつながることが分かったそうです(中古コンテナを利用)。コンテナハウスの屋根には傾斜がなく、降った雨は屋根にたまってしまいます。そこから錆が発生しやすいと考えられるそうです。これを防ぐために、その建築士さんは「2年ごとに塗装をやりなおす必要がある」と考えているそうです。

また、コンテナハウスとはいえ断熱材や断熱塗装を施工しますが、それでも室内は普通の建物よりも暑くなります。クーラーをかければ問題ないのですが、冷暖房費用は若干多めにかかる可能性があります。

そのほか、CONTAINER BASEというコンテナハウスメーカーさんがデメリットを一覧にしてくれています。

-不動産活用
-

© 2020 fudomaga | 不動産マガジン